なぜ自動車保険は弁護士特約を付けるべきか

自動車保険の乗り換え

交通事故に遭遇しますと、時には相手と示談になってしまう事もあります。

 

慰謝料などの兼ね合いで、弁護士に相談する事態になる事も、決して珍しくありません。

 

このため自動車保険に加入する際には、弁護士特約が検討される事もあります。

 

そして費用面などを考慮すると、その特約は付けておく方が良い事が多いです。

 

たとえ特約のお金を払う事になっても、結局はお得になる可能性が大だからです。

 

どういう事かというと、交通事故が発生した後には、示談になる事もあり得るのです。

 

仮に事故によって、相手がケガをしてしまったとします。

 

それで治療費もかなり高くなり、弁償問題になってしまう事もあるのです。

 

たいていその状況では、相手と話し合いをする事になります。

 

いわゆる示談交渉を行った上で、治療費の負担割合なども話し合う事になるのです。

 

それで自分にとって有利な結果にする為には、基本的には弁護士に相談する方が無難な傾向があります。

 

というのも多くの方々は、あまり相手との交渉に慣れていません。

 

それだけに、相手から不利な条件を持ちかけられてしまう事もあり得るのです。

 

しかし弁護士に依頼をすれば、有利な条件になる事はあります。

 

ですから交通事故で示談になった時は、基本的には弁護士に相談する方が無難なのです。

 

その弁護士相談に関する費用が負担されるのが、上述の特約にあります。

 

もちろん弁護士に依頼をすれば、お金を払う事になります。

 

そして弁護士に対する報酬支払いは、それなりに大きな金額になる事も多いです。

 

着手金と成功報酬を合計しますと、80万円台になってしまう事もあります。

 

交通事故を起こした時には、色々と出費も発生しがちです。

 

その状況で上記のような80万の費用支払いが生じてしまうのは、大変困ります。

 

ところが自動車保険の弁護士特約に加入していれば、保険金がおりる訳です。

 

ちなみに弁護士特約で支払われる金額には、上限はあります。

 

たいていの保険会社は、それを300万に設定しているのです。

 

そこまでの金額がおりるメリットは、大変大きいです。

 

ただし自動車保険の弁護士特約には、月額もあります。

 

通常料金にプラスして、1,000円以上は支払う事が多いです。

 

その数字が、若干重たく感じられる事はあるでしょう。

 

しかし自動車を運転していれば、上記のような80万のリスクもある訳です。

 

いざという時のリスクを考えれば、保険に加入しておく価値は大いにあります。

 

基本的には、自動車保険の弁護士特約は付けておく方が良いでしょう。