途中で車変更すると自動車保険も手続きが必要?

自動車保険の乗り換え

契約途中で車変更は、保険会社に報告の必要があります。

 

契約車両の変更とは、保険証券に記載されている補償の対象となる車を、保険期間中に別の車に変更することです。

 

登録番号や車体番号で補償の対象となる車を申告して保険会社と契約している形になっていますので、車両入替時には、保険会社や担当代理店に入れ替えを通知する必要があります。

 

この通知をしていないと事故の時に事故対応が非常に遅れたり、最悪の場合には保険会社から保険金を受取ることができない場合も出てきます。

 

それぞれの車には料率クラスが設定されています。

 

盗難リスクの高い車や少しの傷でも大きな修理費用がかかる外国車などは保険料率が高く設定されています。

 

自動車保険は一般的に満期での返金はありませんが、
車両入替の場合には、入替後の車によっては差額返戻金が発生する場合があります。

 

また逆に保険料の追徴が必要になってくる場合もあります。

 

「契約車両の変更」ができる車には、入替前後の車両所有者が同一である事・入替が可能な車種同士であることなど、いくつかの条件があります。

 

大型ダンプから自動二輪に切り替えなどは不可になります。

 

これは保険会社によって規定が異なりますので、加入の保険会社に事前に確認する事が必要です。

 

車の保険を途中で内容変更

自動車保険の乗り換え
せっかく自動車保険に加入していても、車の入替など正しい告知をしていないといざというときに保険金が支払われない事もあります。

 

運転車が家族限定条件の契約なのに、友人に頻繁に貸しているなどといったケースも
事故の時に保険金が払われない事になります。

 

運転者条件・年齢条件なども実態に合わせて保険期間中に正しく告知してその都度変更する事が大切です。

 

契約車両の変更や、運転者条件の変更で無事故割引(ノンフリート等級)がリセットされることはありません。

 

もちろん、割引部分だけでなく、事故履歴もそのまま引継ぐことになります。

 

この無事故割引も自動車保険を切り替える注意点のひとつです。

 

1年間無事故で過ごしていて満期での解約や満期での更新の場合には、等級が1つ上がって割引率もアップしています。

 

従って自動車保険を乗り換えるタイミングは満期時がベストといえます。

 

保険満期前に自動車保険を他社に変更してしまうと、同じ等級をもう1年繰り返す事になるからです。

 

自動車保険乗り換えキャンペーン

自動車保険の乗り換え
複数台車を所有している人の場合は、所有している車の中の1台を廃車や譲渡、もしくはリース業者へ返還する時もあると思いますが、一定の条件を満たせば所有している他のお車への変更ができます。

 

無事故等級が進んで高い等級の場合には廃車や譲渡のタイミングで他の車に付け替えも可能なケースがありますので、保険会社や保険代理店に相談してみる事が必要です。

 

自動車保険の付け替えの他にも、解約時に中断証明を発行する方法もあります。

 

廃車や譲渡で自動車保険をいったん中断して、後日また車を購入して保険加入を検討する際にこの中断証明書を提示すれば中断前の割引等級を引き継ぐ事が可能です。

 

自動車保険に関しては各社が新規顧客獲得の為に、乗り換えキャンペーンを実施しています。

 

ウェブ割引、自動ブレーキ登載車に対する割引、新規顧客割引など様々な施策を各保険会社が行っていますので、自動車保険を毎年変える契約者もいるようです。

 

車の買い替えは自動車保険を乗り換えるタイミング!現在契約中の保険会社と継続の手続きである中途更改をすると保険料が割高に!契約途中で車変更すれば他社の見積もりを取って任意保険を切り替える手続きを!